7月24日/ July 24th / OPEN REEL NINGEN at Vacant

* * * * *

We are so happy to announce an extra date for coming Japan Tour.

Here we are collaborating with OPEN REEL ENSEMBLE who are, without anyone’s doubt, the most leading figure in entire field of music.

check their work here>>>

 

Its really a short notice, but Tokyo people (or else), please come. This will be a mile stone in every sphere of music. PURE CREATION.

 

Bx
p.s.
more Japan Tour dates here>>>

* * * * *

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

OPEN REEL NINGEN + (オープン・リール・ニンゲン・プラス)

 

2012年7月24日 (火)

 

 

open 18;30/start 19:00

 

前売/当日 \2,500  (1 drink 代別途 \500円頂きます。)

 

LIVE + TALK SHOW:

BO NINGEN

Open Reel Ensemble

+ 村上基(在日ファンク Tp)

 

 

企画・制作:小鷹直紀(VACANT)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

BO NINGEN来日ツアーに合わせたVACANTとのコラボレーション企画第2弾!
”サブカル”をキーワードに今年1月に開催され、でんぱ組.INCとの鮮烈な異種格闘技ライブを繰り広げた
UK発逆輸入サイケデリック・ロックバンドBO NINGEN。
そんな彼らが選ぶ今回のテーマはズバリ”即興”!ゲストアーティストには音楽界のみならず
メディア・アートの世界でも新進気鋭のアーティスト集団として注目を集めているOPEN REEL ENSEMBLE!
さらに、在日ファンクのトランぺッター村上基の友情出演も決定!
最もスリリングかつ実験的な音楽を送り出す2組による一夜限りの濃ゆ~い共演です!

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
* * * * *
OPEN REEL ENSEMBLE

2009年より、和田永を中心に佐藤公俊、難波卓己、吉田悠、吉田匡が集まり活動開始。
旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ、「楽器」としてして演奏するプロジェクト。
リールの回転や動作を手やコンピュータで操作し、その場でテープに録音した音を用いながらアンサンブルで音楽を奏でる。
その不思議な音色と楽曲性は高く評価され昨年6月に発売されたNTTドコモのスマートフォン「GALAXY S SC-02B」”Space Balloonプロジェクト”(第15回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞プロジェクト)に音楽で参加し、10月には初となる音源作品『Tape to Tape』を5号オープンリールテープにて限定数リリース。
去る6月27日にはcommonsから待望の1st フルアルバム「Open Reel Ensemble」をリリース。早くも各界で多くの話題を集めている。
海外ではSONAR 2011 Barcelona、ARS ELECTRONICA(in Linz of Austria)に出演している。ライブパフォーマンスへの評価も高く、Sonar Tokyo、Sense of Wonder、KAIKOO、BOYCOTT RHYTHM MACHINEなどに出演。
http://www.steamblue.net/
http://www.facebook.com/OpenReelEnsembleBraunTubeJazzBand

Bo Ningen

Taigen(ヴォーカル/ベース)、Kohei(ギター/エコー/ファズ)、Yuki(ギター/エコー/ファズ)、Mon-chan(ドラムス/ポールダンス)からなる、ロンドンを拠点に活動する長髪サイケデリックロックバンド。70年代サイケデリックを体現したような風貌、ヘビーサイケ、スペースロック、メタル、クラウトロックなどメンバー各自の雑多な音楽性を混ぜ合わせた未体験サウンドに全編日本語詞が乗る楽曲、その圧倒的なライブパフォーマンスは国内外の幅広いジャンルのメディアが注目し、インディーファンからの高い評価と支持を得ている。

UK国内はもちろん、ヨーロッパ諸国では音楽フェスから映画祭やアートフェアに至るまでジャンルレスに精力的なライブ活動を行っている。2011年夏の来日公演ではSleigh BellsやLiarsといった海外アーティストのフロントアクトを勤め、ダモ鈴木(ex.CAN)、灰野敬ニ、メルツバウ、ルインズといったエクスペリメンタルミュージックの大御所をはじめ、夙川ボーイズ、LILLIES AND REMAINS、PLASTICZOOMSなどの国内アクトととも共演、今春のThe Horros、S.C.U.MとのUKサポートツアーも大盛況のうちに幕を閉じた。今秋には待望のセカンドアルバム「Line the Wall」のリリース、また今夏の来日ツアーでは国内7公演、また今秋のUKツアーではイギリス16カ所を巡るツアーも決定。今最も注目を集めるバンドである。

UKレーベルSTOREN RECORDINGS(日本盤はKnew Noise Record)からアルバム1枚「BO NINGEN」シングル2枚「Koroshitai Kimochi」「HENKAN」のリリースがある。

http://boningen.info
http://stylebandtokyo.tumblr.com/

Share on Facebook