From Documentary to Memory -1 (JP/EN)

 
いよいよ明日、東高円寺UFO Clubにて炸裂する二つの4面体

待ち切れないから

少し早く日本に帰ってきた印象を少し

 

 

 

あつい

 

 

 

日本人でありながら異邦人のような心情を持ちえたとき

 

たとえば駅にあるデジタル化した飲料の自動販売機

ジュースもデジタルな気がしておどおどするけど腹と喉は鳴る

 

薔薇と自同律と、なんだっけ そうそう屈辱

つづめて言えば俺はそれだけ、なんてそんなかっちょいいことは言えないけど

 

原初の写真みたいに 世界がポーズや擬態を始める前のような

なんにも無い、が写るような

それは海であったり

そんな厳粛/おおらかさが一緒になったような

静けさと騒々しさを同時に見つめて行けるような

そんなふうになれたらいいなあ

 

元来自信はないが短慮で安易な人間なので、

自分の根っこはなんなんだろ、と考えることこうなった。

何も考えていないように見えて、そういうことを考えてステージでギターを弾いていたりする

 

だって、自信満々に音楽を愛しています、なんて嫌じゃないか

爆音でうるさいだけで耳を塞いで格好良いなんて、嫌じゃないか

 

Bo Ningenは間にたって、双方を同時に眺めること

 

ヤーヌスがふたくみ

 

 

////////////////////////////////////////////////

 

 

Japan sometimes scares me in so many ways

 

 

This is the beverage vending machine i found inside the stations of Tokyo.

digitalized coke and redbull.

it’s like huge i-phone and i didn’t know how to use the machine.

it freaked me out, basically.

 

feel like i’m a foreigner being stranded in the streets, sometimes.

 

 

this is what i hold

 

summer

 

x

 

Yuki

 

/////////////////////////////////////////////////

 

 

Share on Facebook