Remember

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*

 

 

「かつて」

と呼べるようになるまで

あとどれくらいの時間が必要だろうか

 

生きて来た過去には手触りはなくって

明日は分からず

確かなのは現在、この瞬間、だけ

 

のはずなのだが

過去の堆積が現在なのであって、

その現在の足がかりは掴めない

 

だから、思い出と記憶のあいだを行ったり来たり

探してさがして どうにも見つからず

 

結局のところは何も分からない、となる

悔恨と自責のヘビィ過ぎる二重奏は鳴り止まず

 

ただ与え得られた責務を全うして報酬を得、食べ、眠り

生きていくしかない

マッチョでない、ソルジャーだと思う

 

考える時間を、与えてくれるな

 

Share on Facebook